ノロインフルエンザの完治後の抗体とタミフルの効き目

ノロインフルエンザという言い方がありますが、詳しくいえばノロウイルスとインフルエンザは感染力が近いこともあり、混同されることが多いようです。ノロインフルエンザで注意したいのが完治後の抗体の感染力です。ノロインフルエンザでは両ウイルスとも完治後の抗体が感染させると考えられています。ノロウイルスの場合、嘔吐物からの感染力がとても高く、拭きとったくらいではウイルスが残り、飛散することが多いです。そのため、殺菌力の高い洗剤などでしっかりと落とすことが求められます。対してインフルエンザウイルスの場合は完治後の抗体はそれほど感染力が強くならないのでインフルエンザウイルス対策を普通にしていれば充分です。手洗い、ウガイで感染を防げるのもインフルエンザウイルスの特徴です。ノロウイルスの場合はインフルエンザウイルス程度の対応では感染を防げません。また、タミフルなどの特効薬があるのもインフルエンザウイルスのみです。ノロウイルスでは感染後の増殖を抑える薬が無く、体内からウイルスを出すしか無いと言われています。そのため、脱水症状なども引き起こしかねないので注意が必要です。ただし、タミフルが効くのはインフルエンザウイルスの特定の型だけです。インフルエンザウイルスの型が違えば増殖を抑えられないので注意が必要であり、タミフルが効かない場合にはリレンザなどが利用されることになります。タミフルもリレンザも通販で購入できますが、副作用があるため、肺や腎臓に持病を持っている場合には特に医師の診断を仰ぎつつ、処方してもらうことが大事です。ノロウイルスにかかってしまった場合には徹底した消毒が重要であり、体力を保つために入院等が必要になることが多いです。