タミフル利用も含めたインフルエンザ期間の行動計画

インフルエンザ期間はウイルスが感染し、発病したら終わりではありません。病院で治療を終了しても数日間は増殖がありますので注意が必要です。特にタミフルを飲むと症状がいっきに収まるということでもないので注意が必要です。インフルエンザ期間の行動計画で重要なのは潜伏期間、発症期間、終了期間とそれぞれで増殖があるということです。他のウイルス性の病気の場合、潜伏期間ではウイスルが外にでることがないタイプも数多くありますが、インフルエンザウイルスの場合、潜伏期間でも体の外にでやすいので感染者を増やしてしまうことが懸念されています。そのため、インフルエンザ期間の潜伏期間と思われる場合には行動計画としてタミフルを飲んだり、マスクをして他に感染を広めないようにすることが求められています。タミフルを利用してもインフルエンザウイルスがなくなるわけではありませんが、増殖を抑える効果が期待できるので行動計画に入る事が多いようです。タミフルを飲むとインフルエンザウイルスの増殖が収まる可能性が高くなり、発症したとしても比較的軽い症状でインフルエンザをやりすごせることがわかってきています。ただし、インフルエンザウイルスは種類が多く、タミフルが効かないタイプのインフルエンザウイルスも多数あります。その場合はリレンザが期待されていますが、リレンザが効かないウイルス型もありますので注意が必要です。インフルエンザにかかった場合はインフルエンザウイルスの増加を防ぐ、他人に感染させない、症状を穏やかにすることが求められ、それぞれの期間で予防接種や早めの受診、自宅待機など効果的な行動が記されており、対応することが求められるようになっています。