エボラ感染熱はタミフルにて対応できるか

エボラ感染熱はエボラ出血熱ともいわれ、1976年にスーダン南部の工場で働く男性が出血熱のような症状を訴え、続いて他の部署で働く男性も感染したことから始まりました。エボラ感染熱はエボラウイルスに感染することによって発症し、突然の発熱や頭痛、ひどい倦怠感や全身の筋肉痛、喉の痛みなどの症状が出てきます。その後下痢やおう吐、出血といった症状が出てきます。感染経路は飛沫したものが傷口や粘膜にかかった場合の他、かかった方の血液などの体液がついた注射針に触れた場合があります。なお、流行した地域ではエボラ感染熱に感染したコウモリやサルの生肉や、死体に触れたことにより感染しています。 エボラ感染熱は症状の出方がインフルエンザと似ていますが、タミフルは効きません。少し前にタミフルが効くという噂が流れましたが、それは同じインフルエンザ治療薬であるアビガンが治療薬として注目を浴びたからです。タミフルの働きは増えてしまったウイルスを細胞の外に出さないようにして感染を広げないようにしますが、アビガンはウイルスの細胞の中で遺伝子複製を阻害し、増えるのを阻止する働きがあります。 エボラ感染熱の対応は現在効果的な治療法がなく、安静にし輸液の循環管理などをしています。 日本ではエボラ感染熱はマールブルグ病やコンゴ出血熱、ペストなどとともに一類感染症に指定されており、症状が出た場合の対応はまず速やかに国立感染症研究所において検査を行います。完成が確定すると指定の医療機関に移され、厳重に管理されます。現在、アフリカを中心に発生していますが、欧米諸国でも患者は出ています。インフルエンザのような症状と、下痢やおう吐、出血などが見られた場合、アフリカを旅行し発熱した場合は自分や身内で対応せず、保健所にすぐに連絡するようにします。