インフルエンザ登校基準と出勤停止、タミフルの飲み方

インフルエンザウイルスは社会的にとても大きな影響を及ぼします。毎年冬から春にかけて全国で感染が広がり、出勤停止や登校禁止の処置が行なわれることが多いです。特に出勤停止になると業務に影響が出て自分だけではなく、他のメンバーに迷惑がかかるので可能な限り自衛をして出勤禁止にならないようにインフルエンザウイルス感染を防ぎたいものです。インフルエンザウイルスの感染によって出勤停止になる基準は会社ごとに違いますが、多くの場合は医師の診断によって決められることが多いようです。登校基準についても同様ですが、登校基準についてはクラスの感染具合も含めて検討されることが多いようです。また、登校基準については出勤停止よりも前に決まることも多いです。多くの場合、医師の診察を受けて決まるのですが、潜伏期間の場合、インフルエンザウイルスの検出ができない場合もあります。その場合でも疑いがあれば登校基準で休ませる学校もあるようです。会社の場合は疑いがある場合でも感染がはっきりするまでは出社できる場合も多いです。どの場合でもインフルエンザウイルスの感染が疑われる場合に処方されるのがタミフルです。タミフルはインフルエンザウイルスの増殖を抑えてくれますがすべてのインフルエンザウイルスの増殖を抑えるわけではありませんが、大半のインフルエンザウイルスは抑えられるので処方されることが多いです。タミフルは個人輸入が可能なので医師の処方を待たずにインフルエンザウイルスの感染がありそうなら飲むという方も多いです。潜伏期に飲んでも効き目があるのかと心配される方も多いのですが、インフルエンザウイルスの増殖は潜伏期でも起こるのでタミフルで抑える事は意味が大きいです。