インフルエンザ潜伏期と入院の必要性とタミフルの有効性

インフルエンザの潜伏期は1日から3日ほどと言われています。潜伏期でも症状が現れる事が多く、のどがいがいがしたり、だるさ、頭痛などの症状がでることが多いようです。多くの症状は風邪と間違えやすいので幼虫です。潜伏期が短いのですが、この間もインフルエンザウイルスの増殖は進み、また、体外へのウイルス拡散も起こります。そのため、潜伏期間とはいえ、体調が悪い場合には病院にいく、また、タミフルを持っている場合には予防の意味も含めて飲んでおくとよいです。インフルエンザは人によっては入院が必要になるほど重症化します。必ず入院が必要なほど重症化するということはありませんが入院が必要になるほどの重症化もあり得ると覚悟しておくとよいです。インフルエンザは症状が出ると軽くすることが難しいのも難点です。タミフルでインフルエンザウイルスを増殖を防ぐことはできますが、症状を軽くすることはできません。発熱などの症状は人によって重症化しますが、それは抑えきれないものがあるので特に持病を持っている場合には自宅で我慢せずにすぐに病院にいくことが大事です。また、タミフルを飲んでいるとしてもインフルエンザウイルスの増殖が収まるだけなので持病がある場合には複合的に症状が悪化することもよくあります。インフルエンザウイルスは予防がすべてです。予防を失敗した場合には診察を受けてしっかりとした治療が大事です。また、治療にあたってはアレルギーや持病のチェックなども行なわれます。インフルエンザは熱が収まってからもウイルスの増殖は続きますのでタミフルは医師の処方をしっかりまもって体調が戻っても服用を続ける必要がありますので勝手に飲むのをやめるのは厳禁です。