子供に多いタミフルの異常行動

インフルエンザの特効薬として、広く使用されているものに「タミフル」があります。インフルエンザに対しては非常に高い治療効果を得ることが出来るタミフルですが、一方で副作用の報告も多数あります。
特に多いのがタミフルを服用した子供の異常行動です。ただし、因果関係は明確にはされていません。異常行動としては、「突然立ち上がり、部屋から出ようとする」「興奮状態となり、意味不明なことを言う」「突然笑い出す」「話しかけても反応しない」などがあります。中には、突然ベランダや屋外に飛び出すという行動も報告されており、命にかかわる可能性も否定することは出来ません。実際に、自宅の2階から転落するなどの事故につながったケースもありました。異常行動に関しては、乳幼児や小学生などの10歳未満を含む幅広い年齢層で報告されています。
タミフルだけではなく、他の医薬品を服用したことでもこのような異常行動がみられたという報告もありますので、それが必ずしもタミフルの副作用によるものだけであるとは限りません。しかし、実際に異常行動の報告はありますので、インフルエンザに子供が感染し、発症した場合には異常行動が見られる可能性があるということを念頭に置いておく必要があります。
異常行動は、インフルエンザにかかってから2日目までに多くあらわれると言われています。思わぬ事故を予防するためには、最低でもこの期間は大人が見守るようにしましょう。子供と言えども、身体が大きく力が強いという場合には、大人一人では行動を制御することが出来ない可能性もありますので、可能であれば2人以上の大人が対応することが出来るようにしておくと良いかもしれません。

タミフルの使用期間

タミフルはインフルエンザの発症が確認された後速やかに飲むようにすれば高い効果を期待することができる抗インフルエンザ薬です。
しかしタミフルにはさまざまなことが言われるようになっているため、処方された後で「インフルエンザは治ったから飲むのをやめよう」というようにする人もそれなりに見られます。
しかしながらタミフルの使用期間に関しては「医師に指導された期間しっかりと飲む」ということが重要です。
これはどうしてかというと、端的に述べてしまえばインフルエンザの完治は適切な医療機関でなくては判断ができないことだからです。
熱が下がった、頭痛がしなくなった、吐き気がしなくなったなど症状が一時的に収まったというようなことはあっても、それでインフルエンザが完治したとは断言できません。
インフルエンザはウイルスに感染して発症するものであり、そしてそのウイルスが完全に感染力を失うのと症状が治まるのは同じタイミングではありません。
症状が治まった後でもまだ身体の中にウイルスが残っているということは多く、そしてそのウイルスが残っている限りは他人に感染を広げてしまう可能性があるのです。
家族などはもちろんのことですし、公共交通機関に乗ればそこから感染を拡大させてしまうかもしれません。
自分の症状が治まったからといって勝手にタミフルの服用をやめると言うようにしてしまうのは、他人に対して多大な迷惑をかけることにもなりかねないのです。
そもそも病院から薬が処方されたのであれば、それは必要だから処方がされています。
病気が治ったかどうか、直すにはどうするべきかということを最も的確に判断できるのは医師なのですから、タミフルを処方してもらったのであれば必ず医師から処方された分を全て服用しきるようにしましょう。

タミフル使用不可の人

タミフルというのはインフルエンザにかかってしまった場合に非常に有効な治療薬ですが、残念ながら全ての人がインフルエンザにかかった時にタミフルを服用できるわけではありません。世の中にはタミフルを服用することが出来ない人というのも存在しているのです。具体的にはあまりにも年齢の若い人や妊婦等が挙げられますが、それらのタミフル使用不可の人は、一体どのようにしてインフルエンザになった時に治療しているのでしょうか。
まずそもそもインフルエンザを治療する為の薬はタミフルだけではないということをしっかりと理解しておかなければいけません。インフルエンザを治療する為の薬として有名なのは、他にもリレンザ等の薬があります。そしてタミフルが服用出来ない人でリレンザが服用出来る人の場合は、リレンザを服用してインフルエンザを治療していくことになります。リレンザという薬もインフルエンザを治療する為に非常に効果的であると言われていますので、十分に元気になることは出来るのです。特に妊婦はリレンザが好きだという人も多いものです。なぜならリレンザは妊婦が服用した場合であってもお腹の赤ちゃんに影響を与えることはほとんどありませんので、安心して服用することが出来るからです。
それからそもそもタミフルが服用出来ない人というのは、インフルエンザにかからないように人一倍の努力をしていることが多いものです。なので毎年欠かさずインフルエンザが流行し出す前に予防接種を受けに行くようにしていますし、しっかりと手洗いうがいをするように心がけているのです。そうすればインフルエンザにかかってしまう可能性は非常に少なくなりますし、なったとしても軽症で済むのです。

インフルエンザ予防にリレンザ通販